あの芸能人も乳輪は大きい!乳輪が大きくなる原因と治し方を解説します!

乳輪が大きいことで悩んでいる女性は、けっこう多いようです。気がついたら大きくなっていたということも多い乳輪、どうして大きくなってしまうのでしょうか。その原因や、治すことができるのかについて、詳しくご紹介しましょう。

私の乳輪が大きい原因って何?

乳輪が大きいという悩み、普段は隠れているので問題はないと考えられがちですが、そのせいで友人と温泉に行けなかったり、彼氏に嫌われるんじゃないかと悩む人もいます。あまり人に相談できることではなく、1人で悩んでいる人も多いようです。

乳輪が大きくなる原因は、妊娠や遺伝、ホルモンバランスの乱れが考えられます。妊娠は女性の体に変化を起こします。授乳のために乳房が大きくなりますが、それとともに乳輪も大きくなります。出産や授乳のあとに元に戻る場合が大半ですが、中には大きくなった乳輪がそのまま元に戻らない人もいます。

遺伝は仕方ないのですが、ホルモンバランスの乱れは治すことができるので、その治療で乳輪が小さくなる可能性はあります。

乳輪ってそもそも何?

乳輪はちくびの周りで、茶色や黒、ピンク色などの部分です。思春期の乳房が膨らんでくる時期から面積が拡大してきます。この時点で、色や大きさには個人差が出てきます。

乳輪が大きくなる原因は「妊娠」など

前述したように、乳輪が大きくなる原因は妊娠などが多いようです。中には遺伝で思春期から大きくなる人もいたり、ホルモンバランスの乱れも原因になります。ホルモンバランスの乱れは、自律神経の失調が原因となる場合も多く、規則正しい生活を行うことで改善されていきます。

日本人の平均は直径4〜5cm

そもそも、乳輪が大きいとされる基準は何でしょうか。日本人の乳輪の大きさの平均は、直径4~5cmぐらいとされています。小さい人で3cmぐらいです。ただ、バストの大きさにもよりますし、5cm以上でも、バストが大きければそのバランスで、乳輪が大きいとは言えないでしょう。

大きい乳輪は授乳時にメリットに

乳輪が大きいことがメリットな場合もあります。乳輪の部分は柔らかくて伸びが良いため赤ちゃんが吸いやすく、授乳がラクになります。逆に小さいと授乳がしづらいということにもなりますね。

乳輪が大きい芸能人って誰?

芸能人にも、乳輪が大きい人はけっこういます。これまでヌードを披露している人の中で、乳輪の大きい芸能人をあげてみました。

菅野美穂

20歳の時にヌード写真集を発表した菅野美穂さん。美しいヌードですが、乳輪がけっこうくっきりとして大きいです。でもキレイなバストで、違和感はありません。かえって色気が漂ってますね。

桜庭あつこ

元グラビアアイドルの桜庭あつこさん。すばらしいボディを披露しましたが、けっこう大きい乳輪。でも色が薄くて全然おかしくありません。乳輪が大きくても、色が薄ければ全く気にならないことが分かります。

広田レオナ

ヌードを披露した芸能人の中では、かなり大きい部類に入ります。でもバストも大きいのでおかしくないですね。やっぱり乳輪の大きさは、バランスの問題のようです。

武田久美子

こちらも乳輪は大きい方です。でも、やはり大きなバストでカバーされています。自然な感じで、とてもきれいなバストです。

自宅で小さくするには?そもそも自宅でできるの?

乳輪を自分で小さくすることは可能でしょうか?自宅でできる方法を考えてみました。

黒ずみを抑えて輪郭を目立たなくする

乳輪の大きさを変えるのは難しいですが、黒ずみを抑えることで輪郭を目立たなくすることはできます。乳輪はデリケートな部分で、色素沈着が起きやすく黒ずみやすいところです。黒ずみの原因であるメラニンを薄くすることで、乳輪の大きさをカバーすることも可能です。

黒ずみを抑えるには美白クリームを!

乳輪の黒ずみは、美白成分配合のクリームなどでケアすることは可能です。美白成分はメラニンを薄くしたり、その生成を抑える成分が多く含まれるものを選ぶと良いでしょう。

美白成分にはビタミンCやハイドロキノンなどがあげられます。おすすめのものをいくつかご紹介しましょう。

【ハイドロキノンクリーム】 1,296円 送料無料  amazon

https://www.amazon.co.jp/%E6%BF%83%E5%8E%9A%E6%9C%AC%E8%88%97-105-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BC%88%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BC%89-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A3%BD/dp/B00FYFYTE4/ref=sr_1_1?s=hpc&ie=UTF8&qid=1476692882&sr=1-1&keywords=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%B3

amazonで人気の商品です。乳輪はデリケートな部分なので、ハイドロキノンの濃度は低い方が良いです。こちらは2%なので、ちょうどよいかと思います。初めは少量から試してください。

【メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水 170ml】 670円 送料無料  amazon

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%8ECC-%E8%96%AC%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%BF%E5%AF%BE%E7%AD%96-%E7%BE%8E%E7%99%BD%E5%8C%96%E7%B2%A7%E6%B0%B4-170mL-%E5%8C%BB%E8%96%AC%E9%83%A8%E5%A4%96%E5%93%81/dp/B00ITAP8M8/ref=sr_1_6?s=hpc&ie=UTF8&qid=1476693220&sr=1-6&keywords=%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3C%E8%AA%98%E5%B0%8E%E4%BD%93

ビタミンC誘導体配合の美白化粧水です。安価ですが、効果が出たという声が多い商品です。

確実に小さくするには美容整形手術で!

大きさがバストに比べて大きく、すぐにでも小さくしたいという方には美容整形手術という手段もあります。乳輪縮小手術という手術方法になります。

乳輪縮小術の種類は2つ

乳輪縮小手術には「外周法」と「内周法」という2つの方法があります。「外周法」とは、余分な部分を乳輪の外側から取り除く方法で、「内周法」とはちくびの根元から乳輪の余分な部分を取り除く方法です。外周法は希望の大きさにしやすいですが傷が目立ちやすく、内周法は切除できる範囲が少ないので小ささに限界がありますが、傷は目立ちません。縮小の範囲が小さいのであれば、傷の目立たない内周法がおすすめですね。

手術に関して気になるポイントまとめ

手術を受けるに際して、いろいろ気になる点もあるかと思います。特に気になるポイントについて、まとめてみました。

【施術当日の流れ】

施術当日の流れを一例でご紹介します。病院によって異なる部分もありますので、参考としてご覧ください。

  1. カウンセリングを行う
  2. 麻酔クリームを塗布する
  3. カウンセリングで決めた希望の形を、医師と最終確認する
  4. 局所麻酔をする(注射ですが、麻酔クリームを塗っているので痛みはほとんどありません)
  5. 手術(30分ほど)
  6. 手術後は、そのまま歩いて帰れます
  7. 術後7日~14日で抜糸を行います(痛みはありません)

【施術中は痛いの?】

麻酔クリームと局所麻酔をするので、施術中の痛みはありません。不安な方には、他の方法による麻酔ができる病院がありますので、ご相談するのがいいでしょう。

【麻酔が切れたらどうしよう】

麻酔クリームを塗った上に局所麻酔をするので、手術中に麻酔が切れるということはほとんどないようです。不安な場合は医師にご相談ください。

【手術後まで痛みは続く?】

手術後は、痛みはほとんどないようですが、何か刺激を受けたり大きな動作をしたりすると痛みが出る場合もあります。仕事や家事などは控えてなるべく安静にしていましょう。

【術後はお風呂に入れる?】

シャワーであれば、防水テープを貼るなど患部が濡れないようにすることで、当日からでも大丈夫のようです。ただ、術後1週間ほどは腫れたりする場合があるので、湯船に浸かるなどは控えたほうがいいでしょう。

【仕事や家事はいつからできる?】

事務のような軽い仕事や家事は、手術の翌日から可能とされています。運動や重い労働、飲酒などは抜糸後まで控えましょう。ブラジャーは、ソフトなものであれば術後から着用が可能です。

【傷跡は綺麗に消える?】

内周法の手術であれば傷跡はほとんど目立ちませんが、外周法では目立つ場合もあるようです。ただ、傷跡といっても近くでよく見ればうっすらと白っぽい傷が見える程度だということです。

手術をする時に知っておきたいこと

乳輪縮小手術はデリケートな部分にメスを入れるものなので、リスクや術後のトラブルがあることも事実です。その辺をしっかり理解したうえで行うことが必要です。

手術しなれば小さくはならない

乳輪の大きさ自体を変えるためには、手術しか方法はありません。大きいと思っていたけど、実は色が濃いために目立っていただけという人もいます。病院に来る人にはそういう人も多いと言います。このような場合には、美白効果の高い塗り薬のトレチノインやハイドロキノンで色素を薄くする療法を行うクリニックもあるので、こちらを試してみるのもいいですね。

手術後のリスクは?

手術後に、一時的に患部の感覚が鈍くなる人もいます。たいていの方は元に戻りますが、戻らずに不感症になる方も、稀ですがいるということです。

また、傷跡が思ったよりも目立っていたリ、左右の大きさが違ったりという問題も起こり得ると言います。

他にトラブルがあるのも事実

乳輪縮小手術は他の美容整形と同じでリスクはつきものです。思ったような形にならなかったり、化膿してしまったりというトラブルはこれまでにも起こっています。追加手術をしたリ、適切な処置を行うことで対応はされていますが、自分にも起こる可能性があることは理解しておきましょう。

クリニック選びはどうしたらいい?

それでも手術したい!となったら、クリニック選びは大切です。後で後悔しないためにも、確かなクリニックで施術したいですね。

口コミ大事!経験者に聞くのが一番

クリニックが大丈夫かは、実際に施術した経験者の意見を聞くのが一番です。今はネットでも口コミが多く寄せられているので、リアルな口コミを見ることができます。評判の悪いクリニックはそれなりに悪い口コミが見られるので、よく確認しておきましょう。

経験豊富な医師がいるクリニックがおすすめ

手術の経験が豊富な医師がいることが、一番です。クリニック自体が乳輪縮小手術を得意として力を入れているところもありますので、ホームページなどの情報で確認したいですね。

お客様対応が丁寧かどうかを見よう

客対応の良し悪しでも、クリニックの質は分かります。電話等で問い合わせしてみて、どのような対応なのかを見てみるといいでしょう。

手術料金はちゃんと明記してる?

料金が明確であることは基本ですね。このへんが曖昧であるクリニックは避けた方が良さそうです。

術後のケアが手厚いところを!

手術はアフターケアが大切です。トラブルが起きても、きちんと対応してもらえば大事には至りません。相談の際は、アフターケアについてもしっかり確認しましょう。

大きい乳輪でも実は大丈夫

大きい乳輪はダメだと思い込んでいませんか?ダメだと思っているのは自分だけかもしれませんよ。

まずは信頼できる人に打ち明ける

1人で悩んでいると、悩みはどんどん深刻になりやすいものです。誰でもいいので、信頼できそうな人に打ち明けてみましょう。同性の友人なら、理解してもらいやすいでしょう。相談してみると、意外に考えていたよりも大したことではなかったということもありえます。

男性は意外と大きい乳輪でもOK

彼氏に嫌われるのではないかと思って、悩んでいる方がいるかもしれません。でも、大きい乳輪って、男性はそれほど気にしてないようです。乳輪が黒ずんでいるのは気になるようですが、それは美白で何とかできそうですよね。大きいだけなら、あまり嫌われることもないはずです。

手術はリスクを伴うので最終手段として

健康なバストにメスを入れてしまうのは、あくまで最終手段にしたいところです。人より明らかに大きく、小さくすることしか悩みを解決できないというのであれば、手術もやむを得ないでしょう。

乳輪は大きくても大丈夫?あくまでバランスの問題!

乳輪が大きいといっても、人それぞれです。平均より大きくてもバストが大きければ全然おかしくありません。色が薄ければ大きく感じないので、美白ケアもおすすめです。病気ではないので、手術は出来れば避けたいもの。悩んでいるんだったら、誰かに相談してみませんか?案外、簡単に解決するかもしれませんよ!