黒い乳輪が気になって仕方ない!そもそも私のちくびって黒いの?

黒い乳輪が気になっている方必見!黒い乳輪はどうすれば改善できるのか、そもそも原因は何なのか、デリケートな部分である故に誰にも相談できなかった悩みを解決します。自分の乳輪が黒いのかどうかもチェックしてみましょう!

黒い乳輪をどうにかしたい!原因は?

原因はメラニン色素!

黒い乳輪は、メラニン色素が原因となっています。私たちの肌は、摩擦や刺激を感じるとメラニン色素を分泌して肌を守ろうとします。そのメラニン色素が過剰に分泌されると色素沈着を引き起こして黒ずんでしまうんです。膝の黒ずみなどは特にわかりやすいです。膝を頻繁に床につくと、こすれて黒ずみますよね。乳輪も同じなんです。

ブラの摩擦も原因の一つ

黒い乳輪の原因はメラニン色素ですが、それを引き起こすのはブラの摩擦による影響が大きいです。ブラは毎日着けているため、知らず知らずのうちに摩擦も起こしています。頻繁に摩擦が起こることでメラニン分泌は過剰になり、乳輪が黒くなっていきます。

ホルモンバランスにも注意して!

黒い乳輪は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが関わっている場合もあります。これらのホルモンはメラニン色素を刺激します。妊娠中や精神的なストレスを感じている際はメラニン色素を刺激しやすいため、黒い乳輪になりやすいんです。

黒い乳輪をどうすれば治る?

3つの成分でしっかり対策

黒い乳輪のケア、そしてメラニン予防にはルミキシルペプチド・ハイドロキノン・トレチノイン酸がおすすめです。これらの成分が黒い乳輪を元の色に導いてくれます。それでは気になるこの3つの成分を詳しく見ていきましょう。

ルミキシルペプチドはメラニンを抑制!

まずはルミキシルペプチドについてご紹介。ルミキシルペプチドは天然由来の成分で、アミノ酸から生成される一種のたんぱく質です。アミノ酸は筋肉の生成に一役買っている成分ですよね。天然由来のため安全で、妊娠している人でも安心して使うことができます。

そんなルミキシルペプチドは黒い乳輪の原因であるメラニンを根本から阻害します。メラニンはチロシナーゼという酵素から生成されますが、ルミキシルペプチドはそのチロシナーゼをブロックしてくれるんです。これは、アメリカ・カリフォルニア州のスタンフォード大学で行った実験で高い効果が明らかになりました。

皮膚科でも推奨されているハイドロキノン

ハイドロノキンは皮膚科でクリームとして処方されるなど多用されている成分で、アメリカでも医薬品として認可されています。ルミキシルペプチド同様、メラニン生成を引き起こす酵素チロシナーゼをブロックするはたらきがあります。さらに、メラニン色素を作るメラノサイトの活動も弱めるため、美白効果は抜群です。

ハイドロキノンはその効果が強力であるため、アレルギー症状や肌のかぶれを引き起こす場合があります。そのためハイドロキノン配合の商品は処方箋が無いと購入できないものもあるようです。医師の診察の上で正しく使用しましょう。

ターンオーバーを促すトレチノイン酸

トレチノイン酸はルミキシルペプチドやハイドロキノンのはたらきとは異なり、肌のターンオーバーを促すという効果があるようです。ターンオーバーとは不要な角質を排除したりコラーゲンの生成を行うなど肌をキレイにするためのはたらきであり、そのスパンは短ければ短いほどどんどん新しい肌が作られていきます。トレチノイン酸は肌のターンオーバーの期間を通常の半分程にしてくれるんです。

ルミキシルペプチドやハイドロキノンで黒ずみの原因を抑え、トレチノイン酸で肌の新陳代謝を上げる、この3つの成分のはたらきで黒い乳輪とオサラバできます。

皮膚科で処方してもらうのがおすすめ

先ほども紹介したように、効果が抜群であるため副作用も気になるところです。市販のものはこれらの成分の濃度を低くして販売されていますが、十分な効果を得たいのならやはり皮膚科で医師に処方してもらうのが良いでしょう。副作用も引き起こされない程の濃度で、且つ効果が実感できます。

どのくらいから黒い乳輪と呼ばれるのか?

カラーチャートは10に分けられる

そもそも乳輪の色は何をもって「黒」や「茶色」、「ピンク」と言われるのでしょうか。実はこの色の判断のためには、カラーチャートが存在します。

乳首の色のカラーチャートは10段階に分けられ、LEVEL1はさくら色のようなピンク、LEVEL4になると少し赤みのある茶色、そしてLEVEL10は黒に近いこげ茶色になっています。

日本人の平均はLEVEL6

日本人の平均はその中でもLEVEL6の段階で、いわゆるブラウンというような色味です。黄色人種であるアジア系の人はもともとメラニン色素が多く、LEVEL1ほどの色の人はとても少ないと言われています。

黒の定義は人それぞれ

色のレベルがあるとは言いつつも、黒か茶色か、色の定義は十人十色です。カラーチャートで判断してレベルが高いと感じても、別に気にならないという方もいらっしゃいます。当然、その逆もありますよね。日本人の体の特徴であるとして前向きに捉え、気にしすぎないことも大切ですね。

そもそも男性は乳輪の色を気にしている?

気にしている人は多い

黒い乳輪を気にしている女性の多くは、恋人や気になる方の存在が大きいのではないでしょうか。男性は乳輪の色を気にしているのかどうか…ということで悩んでいる方もいるかもしれません。結論から言うと、気にしている男性は多いようです。

女性も男性の色は気にしがち

男性が女性の乳輪の色を気にしているのと同じように、女性も男性の色を気にしています。でも同じ日本人、お互いさまかもしれませんよね。パートナー同士、気にせず受け入れることが一番です。

男性にとって黒い乳輪は一種のフェチの場合も

自分は黒い乳輪が嫌でも、男性にとっては好評な場合もあります。男性にとっての黒い乳輪はフェチであることもあるんです。乳輪の色を気にしている女性でも、恋人はそれがいい!と言ってくれるかもしれませんね。

最後に

黒い乳輪の原因は様々ですが、改善できないわけではありません。生活習慣を少し見直すだけでも変わってきます。また、それでも気になるという方は病院でお薬を処方してもらうのが一番の近道です。悩んでいるのはアナタだけではありません。あまり気にしすぎないことが大切です!