ちくびの黒ずみを解消したい!皮膚科に行かずとも自宅で簡単に解消できます!

ちくびの黒ずみを解消したい方に必見!人には言えないデリケートゾーンの悩みに迫り、自宅で簡単にできる解消法をお教えします。自分の悩みに向き合ってしっかりとケアを行い、理想とするピンク色のちくびを目指しましょう。

ちくびの黒ずみは何が理由なの?

ちくびの色は個人差があるとはいえど、淡いピンク色に憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。まずはちくびが黒ずむ原因に迫り、今後の対策法を身につけましょう。

理由はメラニン色素だった!

ちくびが黒ずむ原因として、「メラニン色素」が挙げられます。メラニン色素は、皮膚の最深部にあるメラノサイトから生成されています。メラノサイトは外部の刺激から皮膚を守るためにメラニン色素を生成し、メラニン色素が蓄積されていくことで、肌の黒ずみやシミの原因となるのです。

メラニン色素は肌のシミや黒ずみの原因となるため、一見悪いものとして捉えてしまいがちですが、紫外線に強く、皮膚癌を予防する上で大切な役割も果たしています。

メラニンを生成してしまう理由って?

上記でもご紹介したように、外部の刺激から肌を守るためにメラニン色素が生成されます。紫外線だけではなく、以下の様々な理由がちくびの黒ずみを引き起こしているのです。

  • 衣服による摩擦
  • 妊娠によって乱れたホルモンバランスがメラニンを刺激する
  • 授乳による摩擦
  • 加齢により古い角質が蓄積してしまう

黒いからかゆい?かゆいから黒い?

ちくびがかゆい原因として、以下の理由が考えられます。

  • ブラジャーのサイズが合っていないため摩擦が起きている
  • 雑菌が繁殖している
  • 乾燥
  • 石鹸やボディーソープが肌に合っていない

ちくびは普段下着等で覆われているため蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいといわれています。そのため、自分の肌に合った低刺激の石鹸で優しく洗うことが大切です。乾燥しやすい方はボディクリーム等で保湿を行いましょう。かゆいからといってちくびを掻くのは絶対にいけません。摩擦によってちくびが黒ずむ原因となります。

【大調査】ちくびが黒い人の印象の実態!

ちくびが黒い女性の印象として、男性はどのようなイメージを抱いているのでしょうか。ここでは、男性の本音に迫ると共に一般的なちくびの色に着目していきます。

乳首が黒い女性の印象はいかに?

ちくびが黒い女性のイメージとして最も挙げられたのが「遊んでいそう」というイメージです。また、漫画やアダルトビデオの影響からか、女性にピンク色のちくびを求めている男性は6割以上を占めているといわれています。女性からすると「男性は本当に分かっていない!」の一言に尽きますよね。

日本人の乳首の色は茶色が一般的。ピンクは珍しい!?

ちくびは元々備わっているメラニン色素の量が大きく関係しているといわれています。日本人を含む黄色人種のメラニンの量からして、ちくびの色は茶色や黒に近い色が主となっています。ピンク色のちくびはむしろ大変珍しいため、本来はちくびの色を気にする必要がないのです。

だからどうしても治したい場合のみケア

気にする必要はないといっても、ちくびの色にコンプレックスを抱き、真剣に思い悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。男性の意見も夢見がちとは言えどやはり気になりますよね。そんな方に、自宅で簡単にできる黒ずみ解消法を伝授していきます。

解消方法1. 「ハイドロキノン」配合クリーム

皮膚科でも実際に使用されている「ハイドロキノン」配合クリームは、効果性バツグン!?気になる秘密を一挙に大公開します。

ハイドロキノンこそ黒ずみ解消の近道

ハイドロキノンは、メラノサイトの働きを抑制し、メラニンの生成を抑える働きがあるといわれています。効果が高いことから「肌の漂白剤」ともいわれており、ちくびの黒ずみだけではなくシミや色素沈着など、様々な肌トラブルの解消法として注目されています。

皮膚科も太鼓判を押す「ハイドロキノン」の効果

ハイドロキノンは皮膚科や美容外科クリニックも太鼓判を押しており、レーザー治療と併用して使われています。しかし、保険診療にはならないため、費用が掛かるのが難点とされています。

おすすめのハイドロキノン配合クリームは?

「ユークロマクリーム」

海外製の医療用美白クリームでハイドロキノンが4%配合されており、ちくびの黒ずみケア商品として口コミで大評判となっています。効果を実感できる反面、刺激が強い薬なので用法容量を正しく守り、敏感肌の方は使用を控えましょう。

どこで買えるの?値段は?

海外製品のため、個人輸入を代行してくれるサイトを利用しましょう。オススメは「オオサカ堂」です。サポートもしっかりとした老舗サイトで、ユークロマクリームに関する口コミも500件あるので安心。1本1,134円と、お求めやすい価格なのも人気の秘密です。

解消方法2. 「ジャムウ」の石鹸がおすすめ!

ジャムウ石鹸をご存じではない方も多いのではないでしょうか。天然由来の成分なので安心してお使いいただけるのが最大のメリット!恥ずかしいデリケートゾーンの悩みを自然の力で解消しましょう。

黒ずみ解消において有名なジャムウ石鹸

ジャムウとは、インドネシアで古くから伝えられている植物を使った薬のことを指します。ハーブを中心に様々な植物が配合されており、肌トラブルの強い味方として日本でも注目を集めています。

ジャムウ石鹸の効果はどのくらい?

天然由来の肌に優しい成分で古い角質を除去し、肌の黒ずみを改善してくれるといわれています。医薬品ではないので即効性は見られませんが、使い続けていくことで肌が柔らかくなったという口コミが多く見受けられます。また、臭いの元を洗い流すハーブに着目して作られているため、ワキやデリケートゾーンの臭いが気になる方にもオススメです。

どこで買えるの?値段は?

ドラッグストアやバラエティショップなど、私たちの身近なお店ではなかなか販売されていないのが現状です。また、直接お店で購入する場合、男性店員の目が気になる方も多いのではないでしょうか。そこでオススメしたいのがネット通販です。どこにいても手軽に手に入り、値段も1,500円~2,000円と、比較的お求めやすいのもポイントです。

解消方法3. 実は「美白化粧水」は効果がない!?

肌の黒ずみを解消するために、美白化粧水を使用したことはありますか?「あれ?全く改善されない!?」それもそのはず、きちんとした理由があるのです。

なぜ効果がないのかを解説!

「美白成分配合」というキャッチフレーズに惹かれて化粧品の購入に至った方も多いのではないでしょうか。美白化粧品はほとんとがメラニンの生成を抑制するものであり、できてしまったシミや肌の黒ずみを改善する効果はないといわれています。「美白」という言葉によって「肌が白くなる」と思ってしまいがちですが、ほとんどの美白化粧品はこれからのシミを予防するものです。

効果がないことを知って正しいケアを!

顔用に作られている美白化粧品などを使ってむやみやたらと商品を試しても、効果を実感できずに時間とお金を浪費してしまう結果になりかねません。あなたの悩みに合った専用の商品を使用し、正しいケアを行うことが悩みを解消する近道といえるのではないでしょうか。

解消方法4. 最終手段「皮膚科」へ行く

上記の通り、ちくびの黒ずみは自宅でケアすることも可能ですが、最終手段として皮膚科医の元で、自分のちくびに合った治療法もオススメします。

皮膚科ではレーザー治療が可能

施術は1回3万円前後と高額となっていますが、効果を実感しやすいといわれています。しかし、レーザー治療が導入されていない皮膚科もあり、まだまだ浸透している治療法ではないのが難点です。

ハイドロキノンクリームを渡される場合も

市販のハイドロキノンクリームよりも配合濃度が高く、より効果を実感しやすいといわれています。しかし、上記でもご紹介したように刺激が強い薬なため、使用できない方もいるのが難点とされています。

まずは自宅でできるケアから始めて納得できる色をGET

いかがでしたでしょうか。ちくびの色に関して、私たち日本人は茶色や黒に近い色が主流となっていることをご紹介しましたが、それでもちくびの色に悩む女性は多いのではないでしょうか。「ピンク」という男性側の期待に答えることがそもそも難しいのですが、一度気になると深く思い悩んで必要以上に気にしてしまいますよね。

皮膚科での治療はなかなか勇気が出ない人は、まずは自宅でできる簡単なケアから始めてみてはいかがでしょうか。自分が納得できる色をGETして彼との大切な時間を有意義に過ごしましょう。