乳首クリームで目指せピンク色!授乳時の痛み改善クリームも教えます

乳首クリームでピンク色の乳首が手に入ります。授乳時に目にする自分の乳首の色は気になりますよね?授乳時期に乳首の色が濃くなるのは、赤ちゃんがお乳を吸うための防衛反応なのです。乳首はとてもデリケートです。乳首の色や、授乳時の痛みなどを改善するクリームを付ければ、早く悩みを解決できます。あこがれのピンク色の乳首になることも夢ではないのです。

乳首クリームで乳首の悩み改善しちゃいます。

乳首の色が濃くなるのは、赤ちゃんに吸われる力に適応するためにメラニン色素を増やして皮膚を守ろうとするためにおこるものです。赤ちゃんに吸われて、かまれて痛すぎる!という時にも乳首クリームを付けることで早く直すことが出来ます。悩みや痛みを手っ取り早く治してしまいましょう。

乳首の悩みって何?

62c80bbffe4108f021e49b6dcececdb1_s

女性としての象徴であるおっぱい。トップにある乳首は、大きさとか色とか気になる部分ですよね?大事な場面で異性の目にあらわにする乳首は、綺麗な色であることを望むのは当然の女心です。子どもに授乳する時期は、乳首を守るためにメラニン色素の沈着も目立つようになります。悩むことも多いでしょう。

乳首が黒い

意外に知られていないのは、女性としてのホルモンバランスが正常だと乳首の色素が濃くなるのです。若くて健康な女性ほど乳首の色がはっきりしていると言えるのです。年齢を重ねるとからだの各部分の色素が抜けてきて、ぼんやりした輪郭になるでしょう?乳首がはっきり黒いのは、からだが正常な証拠なのです。でも、綺麗なピンクの乳首にあこがれてしまう気持ちはよく分かります。

授乳で乳首が痛い

赤ちゃんは一生懸命乳首を吸って大きくなろうとします。その様子は見ているだけでも幸せです。でも、吸われる乳首の柔軟性、皮膚の準備が出来ていないと、乳首に亀裂が入ってしまいます。特に、はじめての子育てで授乳する時は敏感な乳首の皮膚が切れて、授乳タイムが恐怖になることも・・・。すごく痛いですよね?

乳首クリームの選び方は?

乳首の悩みは一刻でも早く治したいですよね。乳首クリームの選び方をあげてみました。参考にしてみて下さい。

乳首の美白ならビタミンC配合

メラニンを除去する美白を目指すなら、ビタミンC誘導体の成分が配合されている物をおすすめします。乳首はお顔の薄い皮膚とは違いがあり、乳首専用のクリームを塗ることで効果が得られます。

 

乳首美白の場合医薬部外品が良い

美白の効果を期待するのなら、医薬部外品の乳首クリームを選びましょう。医薬部外品のクリームには有効成分が入っているため、効果が出やすいのです。気を付けることは、化粧品のクリームとは使用方法が異なるため、使い方を確認して正しく使ってくださいね。

乳首の美白は肌への刺激が少ない物

乳首は特に敏感な部分なので、乳首クリームも肌への刺激が少ない物を選びましょう。お顔の美白の場合、ハイドロキノン・トレチノイン酸など、お顔に使用する化粧品として美白作用が高いと言われている成分には、皮膚の漂白作用が強く、角質をはがす作用もあるため、使用方法や濃度によっては副作用の心配があります。デリケートな乳首の皮膚には使用しない方が良いでしょう。

乳首が痛い場合は赤ちゃんの口に入って良い物

授乳時に乳首が痛い時には、赤ちゃんの口に入って良い乳首クリームを塗って様子を見ましょう。いちいちふき取ることが面倒ですし、ふき取ってもわずかに残ってしまうことがあります。安心できるものを選びましょうね。

おすすめの乳首クリームは?

せっかく乳首クリームを塗るのだから、効果が高く、安全な物を使用したいですよね。使用感も良く、高評価を得ている商品をご紹介します。

乳首をピンクにしたいならホワイトラグジュアリー

乳首の色が気になる時におすすめの商品です。

・ホワイトラグジュアリー

価格:5,980円(税込)送料無料

http://whiteluxurypremium.com/adp/g/?gclid=CjwKEAiArbrFBRDL4Oiz97GP2nISJAAmJMFaWALxdhKIAY8_WhCCDP0SSx3zVhtEi_sTOqvK7tIXdBoCy1rw_wcB

 

見た目のピンク色にはあこがれてしまいますよね。男性の目も気になります。

ホワイトラグジュアリーは、あびる優さんや、梅宮アンナさんメイクアップアーティストのピカ子さんなど美の追及に力を半端なく力を入れている芸能人から賞賛を浴びている商品です。モニター参加94.8%の方がその効果に満足している実力があります。塗り始めてすぐに効果が出る方もいます。

授乳時の乳首トラブル解消ならランシノー

授乳時に乳首が傷むのを直すのにはクリームを塗ることで保湿することが決め手です。

おすすめの商品をあげます。

 

・Lansinoh,HPAラノリン・ランシノー(40g)

価格:1,179円

http://jp.iherb.com/pr/Lansinoh-HPA-Lanolin-1-41-oz-40-g/52211

産前のマッサージにも使えて、赤ちゃんのが口にしても大丈夫な成分で出来ています。アトピー肌のお手入れにも使えるなど色々な用途に使えます。乾燥する時期には、化粧水の後、ママのお肌の保護にも使用できます。赤ちゃんのいる家庭では何かと重宝する商品です。

 

・メデラ・ピュアレーン(乳首クリーム)

商品説明:メデラの公式サイト

http://www.medela.jp/breastfeeding/products/breast-care/purelan

”母乳育児を応援”のメデラでも天然ラノリン100%の乳首クリームがあります。

赤ちゃんの口に入ってもOKな成分で、授乳前のふき取りが不要です。自然素材で出来ています。皮膚に対する刺激もテスト済みで、添加物や保存料を使用していないので安心です。

あれた乳首の皮膚ばかりでなく、赤ちゃんのお肌の手入れに使用出来ます。

 

ネットでは、赤すぐnet ・赤ちゃん本舗ネット通販・Amazon・楽天など多店舗での取り扱いがあります。

価格:1,080円(Amazon)

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%83%A9-%E3%83%94%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3100-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81-2016%E5%B9%B4%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%ABVer/dp/B01K6JGDUA/ref=sr_1_1?s=baby&ie=UTF8&qid=1487921686&sr=1-1&keywords=B008JG792Y%7CB00H2EBK9C%7CB01766GRCU%7CB000VE4H86%7CB00NN7X1WQ%7CB00602J4Y0%7CB00602J4HW%7CB00FB5W1K6%7CB007A4N7Q8%7CB00602J5EY%7CB00FB5VZQM%7CB00F2ZL93A%7CB000W6112I%7CB01E89UVQQ%7CB00KPP0DCK%7CB01E89UVV6%7CB008KII7T0%7CB01E89UYQS%7CB01E89UVUC%7CB01GVO1HZK%7CB01E89UVN4%7CB01E89UVXE%7CB01K6JGDUA

 

乳首クリームと合わせてやると良い事は?

まず、産前に痛くても、乳首マッサージをしておくことが乳首の亀裂を抑えることに効果的です。痛みが出てしまった時には、乳首の炎症を抑えるクリームを塗ることをくりかえすと、自然に皮膚が強くなり痛みも出にくくなります。また、乳首の色を薄くしたり、皮膚を保護するためにヨーグルトでパックすると効果があります。

乳首の色が気になる場合はヨーグルトパック

乳清の働きで、顔のシミにも効くヨーグルトは、乳首のパックも効果的です。保湿効果や色素抑制作用が期待できます。赤ちゃんが家に居る方はヨーグルトは冷蔵庫にある身近なものですね。残ったもので、試してみてはいかがでしょうか?

 

【材料】

  • プレーンヨーグルト
  • はちみつ
  • ハト麦パウダー(小麦粉でもOK)

 

①プレーンヨーグルトと蜂蜜を混ぜ、垂れない程度の硬さになるまでハト麦パウダーを(小麦粉)を混ぜます。

②入浴時にからだが温まってきたところで、①を塗り5分ほど待ちます。

効果を高めたい方は、2度塗りしてさらに5分。シャワーで洗い流しましょう。

 

※ヨーグルトの保湿効果とハト麦パウダーの美肌作用で乳首の色をピンクに近づけることが出来ます。

授乳時の乳首トラブルならマッサージ

出産前に、産婦人科で乳首のマッサージを教えてもらいましょう。臨月が近づくと、乳首への刺激は子宮の収縮を促すことになるので注意が必要ですが、この乳首のマッサージは痛くても我慢してやっておくと、授乳の際に乳首に亀裂が入ることが防げます。あまりに痛むときには搾乳したお乳を冷凍保存しておいたものをあたため、哺乳瓶でお子様にあたえるなど、直接乳首からの授乳を休み、ニップシールドで保護する方法を試してみて下さい。

乳首クリームで早めに手軽に改善しましょう。

授乳中は、女性のからだの代謝機能も活発になっている時期ですね。自然の回復力も最高になっています。そして、自分の乳首の状態も気になる時期です。自分のからだの回復力を信じることと合わせて、乳首クリームを上手に使うことで、悩みや痛みを早めに解決することが出来ます。悩んでる前に、一度、試してみてはいかがでしょうか?